20代、30代女性に人気のペット看護士

何か新しいことを始めようと考えている20代、30代の女性に人気なのがペット看護士の資格です。特にペットを飼っている女性にはペットの健康を守るための資格ということで、自分のペットの役にも立つし、新しいビジネスチャンスもある約4ヶ月で取れる資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき年代別の資格 > 20代、30代女性に人気のペット看護士

ペット(動物)看護士の資格とは

20代、30代女性に人気のペット看護士

ペット看護士の資格は民間資格で、ペットの健康管理、看護などを行うための知識、技能を習得することで取得できます。

民間資格なので名称が異なるものがいろいろあり、代表的なものとしては、日本能力開発推進協会が認定する『ペット看護士』日本ペット技能検定協会が認定する『小動物看護士』などがあります。

いずれの資格でも、犬猫などの一般的なペットとされる小動物の健康管理や看護、動物病院での医療助手としての技能を認定するものなので、資格名称にあまりこだわる必要はないようです。

ペット看護士資格取得のメリット

ペット看護士の資格を取ると、自分が飼っているペットの健康管理や病気の予防などに役立てることができるので、ペット大好きな女性にはおすすめです。

また、近年のペットブームで愛犬家、愛猫家が増えていて、ペットビジネスの原点とも言えるペットの健康を守るという仕事に就くことができます。

就業先は、動物病院の看護士だけでなく、ペットを扱うトリマーやトレーナー、ブリーダーなどの職場でも役に立つ資格であると言えるので、ペット業界で活躍したいと考えている女性には是非とも資格取得にチャレンジしてもらいたいと思います。

気になるペット看護士の年収

ペット看護士を仕事として選ぶ場合、やはり気になるのは年収ですが、経験や勤務先、パートか正社員かなどにより一概には言えませんが、平均すると年収300万円~350万円あたりが相場のようです。

ただ、年収はともかくペットが大好きな女性にとって、ペットに囲まれて働くという環境は魅力的なようです。

また、自分が飼っているペットの健康管理もできるペット看護士の資格が約4ヶ月で取得できることから、ペット看護士の資格取得に挑戦してみようという20代、30代のペット好き女性は多いようです。

ペット看護士になるには

ペット看護士になるためには、人間の看護師(ナース)のように特別な資格が必要というわけではありません。医師に対して獣医師がいるような関係ではないということです。
しかし、動物たちの病気や怪我の治療、健康管理に携わることから、専門的な知識が求められるのは当然のことでしょう。したがってペット看護士として働くためには、それなりの知識と技能を持っていることを示せる証としての資格を取得すべきです。その方が就活や転職においても断然有利ですし、逆に言うと資格を持っていない人をペット看護士として雇うところはないと言えるでしょう。

3つの資格が取れる通信講座

ペット看護士を目指すなら、動物看護学、動物介護学、ペット社会学、トレーニング学が学べて、動物介護士、動物健康管理士、ドッグシッターの3つの資格が一気に取得できる通信講座がおすすめです。約4ヶ月の通信講座のカリキュラム受講修了で3つの資格ライセンスを交付申請できるので、しっかり学んで確実に資格取得を目指す人には一押しの講座です。

資格 動物介護士、動物健康管理士、ドッグシッター
講座名 動物看護介護講座
学校 ヒューマンアカデミー通信講座たのまな
特徴 3資格の同時取得
動物介護士資格を含む3ライセンスを取得
就職・独立支援
就職・独立開業の相談に資格認定協会が協力サポート
費用 86,900円(税込) 80,300円(税込)
期間 4ヶ月
eラーニング 利用可能期間:24ヶ月
●隙間時間を活用した学習が可能
●テキストの要点を講義動画で解説
●学習の進捗管理
●演習問題による知識定着
●業界セミナーの動画配信など
なし
教材 たのまなの動物看護介護講座テキスト●メインテキスト:3冊
●添削課題4回
●DVD10巻
●犬・猫骨格ポスター

動物看護介護講座【詳細】

動物看護介護講座
資料請求【無料】

eラーニング付きの講座がある場合は、eラーニング講座を選んだ方が効率的に学習できます。特にスマホ、タブレットなどで講義動画を見たり、テキスト・演習問題に取り組めたりすると、隙間時間を有効に活用できるため、忙しい中、資格取得に挑戦しようと考えている人にeラーニング付き講座はおすすめです。受講費用の差額の約6,000円は、それ以上の価値があるものといえるでしょう(^^♪