調剤薬局事務資格はどれがいい|迷ったらこの資格

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格ランキング > 調剤薬局事務資格はどれがいい|迷ったらこの資格

調剤薬局事務資格は必要なのか

調剤薬局事務資格はどれがいい|迷ったらこの資格実は、調剤薬局事務を行うために資格は必要ありません!!!調剤薬局事務の資格は民間資格で、いわゆる医師や看護師のような国家資格(免許)ではないため、資格保有者でないとできない業務ではないのです。

では、どうして調剤薬局事務の資格を取る人がいるのでしょうか???

調剤薬局事務の主要な業務の一つにレセプト(調剤報酬明細書)の作成があります。レセプトはパソコンを用いて調剤内容や加入している健康保険などに応じて作成するもので、一定のスキルが必要になります。働き始めてから現場で覚えていくこともできるが、調剤薬局事務員を求める側としては、調剤、保険などの専門用語に背何時していて、事前にレセプト作成のスキルを身につけている人の方が即戦力として雇いやすい。このため、多くの人が調剤薬局事務の資格を取得するのです。

調剤薬局は女性が働きやすい

調剤薬局は女性が働きやすい病院で処方箋をもらい近所の調剤薬局に持っていくと、大方対応してくれるのは女性の調剤薬局事務のスタッフさんです。薬剤師の人には女性も男性もいますが、処方箋の受付や会計などは8割方女性というのが実感です。

実際、求人検索サイト等で調剤薬局事務の求人情報を調べてみると、シフトに融通利くところ、女性が多い働きやすい環境などと説明されているところを見かけます。近所で働くために2ヶ月ほどで資格が取れて働きやすい職種ということが女性に人気の秘密なのでしょう。

調剤薬局事務資格はどれがいいのか

調剤薬局事務の資格は民間資格なので、認定する機関や協会などにより名称が異なります。しかし、認定基準などに大差はないため、どこの資格を取得しても基本的には問題ないというのが現状です。
代表的な調剤薬局事務の資格について調べてみると、次のような協会などで認定講座や検定試験等が行われています。

どの協会等の資格が良いのかは、はっきり分らないのが実情です。ただ、資格取得後の就職・転職を考えると、認定協会の規模により紹介してもらえる求人の数や場所に差異が出てくるはずです。通信講座受講する際に就職支援や資格取得後のアフタフォローがしっかりしている講座を選ぶのが良いでしょう。

資格名称(認定協会等) 資格取得通信講座
調剤薬局事務資格
(日本能力開発推進協会)
キャリカレ
調剤薬局事務講座

2ヶ月
26,400円(税込)
医療保険調剤報酬事務士
(医療保険学院認定)
たのまな
調剤薬局事務講座

2ヶ月
31,248円(税込)
調剤事務管理士R技能認定資格
(技能認定振興協会)
ユーキャン
調剤薬局事務講座
3ヶ月
39,000円(税込)
調剤報酬請求事務技能認定資格
(日本医療教育財団)
ニチイ/通信
調剤薬局事務講座通信コース
4ヶ月
36,667円(税込)
調剤報酬請求事務技能検定
(日本調剤事務協会)
日本調剤事務協会/通信
調剤薬局事務通信コース
2ヶ月
43,780円(税込)

調剤薬局事務の資格取得講座の選び方

調剤薬局事務の資格は、それぞれの資格に対応した通信講座があります。講座を受講し、修了後に資格試験や検定試験を受験することとなります。
どこの調剤薬局事務の資格を取ろうか迷っているようなら、学習期間も短く、費用も安い講座で資格取得を目指すのが良いでしょう!!

資格で選ぶより、学習期間や受講費用を考慮したり、在宅試験に対応しているか、またサポート期間や、資格取得後の就職・転職のサポート体制なども比較して講座を選びましょう。

キャリカレ|調剤薬局事務講座

キャリカレの調剤薬局事務講座テキストキャリカレの『調剤薬局事務講座』は、学習期間も2ヶ月と短く、受講費用も安いのが特徴です。

受講費用は26,400円(税込)ですが、資格試験の受験費用が別途5,600円(税込)必要になりますので、総額32,000円(税込)の講座になります。

講座カリキュラムを修了すると、在宅での資格試験を受験することになります。在宅試験なのでテキストを見ることもできるので暗記が必要なものではなく、理解しているかどうかが問題になります。試験問題の70%以上得点できれば合格というのが合格基準です。

キャリカレのサポート体制も抜群で、理解できないところは何度質問してもOK!!、また添削時の講師のアドバイスやコメントもモチベーションの継続・アップにつながるものです。
標準学習期間が2ヶ月のカリキュラムになっていますが、サポート期間は12ヶ月まで付いています。
また、資格取得後の就職先についても専属のキャリアコーディネーターがサポートしてくれて、カウンセリング情報を基に、求人の紹介から応募、面接のアドバイスまでしてくれる・・・まさに安心のサポート体制です。

>>調剤薬局事務【キャリカレ】

全国どこでも働けて、平均給料が15万円~18万円と言われる調剤薬局事務。短期間に資格を取得して仕事に就きたいならサポート体制が万全のキャリカレの調剤薬局事務講座を受講するのがイチ押しです!!

たのまな|調剤薬局事務講座

たのまな調剤薬局事務講座テキストヒューマンアカデミーの通信講座たのまなの『調剤薬局事務講座』は、標準学習期間が2ヶ月とキャリカレと同等の短期間講座です。

受講費用は33,600円(税込)ですが、資格試験の受験費用が別途4,500円(税込)必要になりますので、総額38,100円(税込)の講座で、キャリカレより6,100円高いことになります。

たのまなの講座の特徴は、カリキュラムを進めて行くと3回の中間テスト(添削課題)があり、これを通過すれば資格試験の合格に必要な合格力が身に付く仕組みになっています。
半年間のサポート期間がありますが、サポート期間内に受講したにもかかわらず受講修了もしくは合格できない場合には、無料でサポート期間を延長してくれる合格サポート制度が付いているため、しっかり合格できちゃいます!!

資格取得後の就業サポートもしっかりしていて、就職相談、求人の紹介、さらに職場見学まであるので、資格取得だけでなく就業まで考えている人には嬉しいサポート体制と言えるでしょう。

>>調剤薬局事務講座【たのまな】

資格取得だけでなく、自分に合う職場を見つけて働くことまでを視野に講座選びをするなら、全国にスクール(校舎)がある大手ヒューマンアカデミーの通信講座なので、安心して受講し、資格を取得し、仕事をスタートできます。

調剤薬局事務資格はどれを取るべき|まとめ

民間資格である調剤薬局事務の資格は、国家資格などと異なり資格がなくても業務に就くことはできますが、就職・転職を有利に進め、即戦力として臨むためには資格を取得しておくべきです。資格取得は独学で資格試験を受けることもできますが、資格取得と連携している通信講座を受講した方が確実に資格を取得でき、資格取得後の就業サポートも付いている講座があるので、就業まで視野にしているなら通信講座受講の方がおすすめです。

いろいろある調剤薬局事務の資格ですが、資格についてはどの資格を取得しても就業する上で大差ないため、学習期間が2ヶ月と短く、受講費用も安価で、就業サポートの付いているキャリカレかヒューマンアカデミーの通信講座たのまなの講座を取得するのが良いでしょう。

スクール キャリカレ たのまな
学習期間 2ヶ月 2ヶ月
受講費用 36,400円(税込)
ネット申し込みで1万円割引
33,600円(税込)
試験費用 5,600円(税込) 4,500円(税込)
添削 3回 3回
就職支援 専属のキャリアコーディネーターが就職、転職を支援してくれる。職務履歴書などかき方や面接のアドバイスなどもしてもらえる。 全国にあるスクールに在籍しているアドバイザーに直接、個別相談できる。資格取得後については、派遣社員、人材紹介(正社員)、紹介予定派遣など様々な働き方での提案が受けられ、医療に特化した求人や情報を扱っていることから、各地の最新求人情報を閲覧したり、活用したりすることができる。
評価 ネット申し込み割引を考えると、費用を抑えて資格を取りたいならキャリカレの講座を選びたい!! 資格取得後の就業支援サポート体制は全国のスクールで直接個別支援が受けられるので、働くために資格取るならたのまなの講座を選びたい(^^♪

通信講座を受講する前に講座の詳細について知りたい人は、それぞれの講座の詳細資料を取り寄せて比べてみてから決めても良いでしょう。ちなみに通信講座の資料請求は無料で行えちゃいます!!

>>キャリカレ通信講座【資料請求】

>>たのまな通信講座【資料請求】