女性におすすめ介護関連資格ランキング

人口減少、高度高齢化に突入していく日本において、介護関連の需要は益々増える一方です。介護の仕事は、現場で利用者を支えるヘルパーさんや、ケアプラン作成や介護の管理・指導などをするケアマネージャーや介護福祉士などで、キャリアも積める手に職が付く資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格ランキング > 女性におすすめ介護関連資格ランキング

介護の需要増大

女性におすすめ介護関連資格ランキング

この10年で1,000万人の労働人口が減少したと言われる日本ですが、働き手の不足を補っているのがシルバー人材と呼ばれる労働力であるというのも驚きです。

棺桶型人口分布棺桶型と呼ばれる世界で唯一の人口分布となっている日本では、働き手の減少、高齢化の増大が進み、介護を必要とする割合が増えていくものと思われます。

働き手が減少し、働き手の生活する社会を支えるためシルバー世代が必要で、そのシルバー世代には介護が必要と言う・・・何か堂々巡り的な状況になっていくように思えます。

つまり、これからの日本では介護に関連する仕事の需要は増えていく一方なのです。

キャリアの詰める介護業界

介護のお仕事は、介護を必要とする利用者を支えることが究極の目的で、そのために現場で利用者を支えたり、介護施設で働いたりするヘルパーさんや、介護のケアプランを作成するケアマネージャーさん、介護の管理・指導を行う介護福祉士さんなど、さまざまな役割の人々が関係して介護業界は運営されています。

つまり、介護業界ではキャリアを積むことで仕事もステップアップすることができる業種なのです。

そして、そのステップアップも5年前後のスパンで行うことができるので、若い人はもちろん、40代の女性でも十分にやりがいのある仕事、キャリアを積む仕事に就くことができるのです。

知り合いの女性の中で、40代で介護関連の職に就き、その後ケアマネージャーの資格を取得し、50代になって介護施設の所長を経てエリアマネージャーに就任し、バリバリ働いている女性がいます。

介護関連資格のおすすめランキング

介護関連の資格は、ステップアップして資格を取得できるものが多いため、全くの未経験、職歴・学歴などを問わずスタートできるメリットがあります。

介護事務【ケアクラーク】

女性が今こそ取るべき資格|介護事務介護業界の需要は右肩上がりで、新しく建てられるビルを見るとその多くがデイケアサービスをはじめとした介護関連の施設であるというこの頃です。

介護業務に欠かせない介護報酬請求業務(レセプト作成)などの事務を行うための『介護事務』は、2~3ヶ月の準備で取得できる狙い目の資格です。

>>3ヶ月で取得できる介護事務講座

介護職員初任者研修

女性におすすめ介護職員初任者研修介護職員初任者研修は介護業界への入り口とも得る資格で、誰でもやる気さえあれば簡単に取得できる資格です。

高齢化社会が進む日本において需要が右肩上がりの介護業界は、利用者からの感謝の言葉をもらいながらやりがいとステップアップができおすすめです。

最短ルートなら約1ヶ月で介護職員初任者研修の資格をゲットできる講座もあるので、今すぐ資格が欲しい女性にはおすすめです。

>>介護職員初任者研修講座

介護の実務者研修

女性が今こそ取るべき介護の実務者研修介護業界でステップアップの最初に取りたい資格が実務者研修です。

介護福祉士養成のためのステップとして、実務者研修は取っておきたい資格と言われ、介護職員初任者研修で学んだ介護の基礎的なものを、より実務に即したものとして身に付けることができます。

介護実務者研修のカリキュラムは初任者研修の約3倍で450時間となっているため、最短ルートの講座でも約3ヶ月は掛かりますが、実務に則した知識や技術ば身に付くので、介護業界で頑張るなら必ず目指したい資格の一つです。

>>介護の実務者研修講座

ケアマネージャー

介護業界で働くならケアマネージャー資格介護業界関連資格の最終目標の一つが介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格です。

通称ケアマネと呼ばれるこの資格は、介護保険制度においてケアマネジメントを実施するための専門資格です。

資格手当がもらえたり、介護業界への就活や転職にも役立つ資格です。

>>ケアマネージャー講座

介護福祉士

女性が今こそ取るべき国家資格|介護福祉士介護業界で手に職となる国家資格が、介護福祉士の資格です。

お年寄りや体の不自由な方の生活サポートや指導を行う仕事で、介護のスペシャリストとしてやりがいのある仕事ができます。

平均月収30万を超える収入も魅力の資格です。

>>国家資格|介護福祉士