女性が稼ぐために取るべき資格ランキング

女性が稼ぐために今取るべき資格とは一体何か。昨年の厚生労働省の賃金に関する統計調査の結果を調べて、女性が稼いでいる職業を洗い出し、今からでもまだ間に合う、今こそ女性が取るべき稼げる資格とその資格取得をするためのおすすめ資格取得講座を紹介します。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格ランキング > 女性が稼ぐために取るべき資格ランキング

実際に稼いでいる女性の職業

女性が稼ぐために取るべき資格ランキング

昨年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査に関する統計表から、女性の職業の平均年収を算出して、実際に女性が社会で稼いでいる職業を算出してみました。

実際に女性が稼いでいる主な職業をピックアップしました。

女性が稼いでいる年収別職業とは

厚労省の統計資料から女性のみ、企業規模を合算した、年収別の職業一覧から上位の職業を抽出しました。

  1. 医師 1155万円
  2. 大学教授 977万円
  3. 弁護士 824万円
  4. 公認会計士、税理士 748万円
  5. 歯科医師 745万円
  6. 記者 621万円
  7. 大学講師 617万円
  8. 高等学校教員 594万円
  9. 社会保険労務士 591万円
  10. 不動産鑑定士 561万円
  11. 薬剤師 500万円
  12. 各種学校・専修学校教員 490万円
  13. 航空機客室乗務員 489万円
  14. システム・エンジニア 479万円
  15. 看護師 473万円
  16. 診療放射線・診療エックス線技師 457万円
  17. デザイナー 401万円
  18. 幼稚園教諭 380万円
  19. 保険外交員377万円
  20. 介護支援専門員(ケアマネージャー) 365万円
  21. 栄養士 342万円

稼いでいる職業に就くための資格

稼いでいる職業に就くためには、例えば医者、弁護士、看護師のように資格を必要とするものが多いようです。

資格の種類は大きく分類して、国家資格、公的資格、民間資格に分類されますが、仕事をする際に持っていなければならないような資格は、国家資格や公的資格に多いようです。

また、資格取得にあたり、前提条件(資格試験の受験制約)として、学歴、実務歴(職歴)などが必要なものも少なくないようです。

そこで、女性が今取るべき稼げる資格を選ぶなら、受験制約が少ない資格、もしくはステップアップを目指していける資格を選ぶのが賢明な選択と言えるでしょう。

女性が稼ぐために取るべき資格ランキング

女性が稼ぐために取るべき資格の中から、資格試験の受験制約がないか比較的低い資格で、資格取得のための講座があり、頑張れば取得できる資格のベスト3を紹介します。

不動産鑑定士

女性が稼ぐために取るべき資格ランキング第1位不動産鑑定士受験資格は特にないため、誰にでも挑戦しやすい資格です。

不動産鑑定士は、土地や建物の価値の評価、不動産の活用方法や税務対策のコンサルティングなどを行い、不動産会社はもちろん、ディベロッパー、信託銀行、生保・損保など不動産に関わるあらゆる業種でニーズの高い資格です。

>>不動産鑑定士

システム・エンジニア

女性が稼ぐために取るべき資格ランキング第2位システム・エンジニア情報システム開発などに関わる仕事で、国家資格、公的資格、民間資格に多数の関係する資格があるので、自分の目指したい資格からスタートできるおすすめの資格です。

>>SE(システムエンジニア)

介護支援専門員(ケアマネージャー)

女性が稼ぐために取るべき資格ランキング第3位介護支援専門員(ケアマネージャー)受験資格:福祉や医療などの分野での実務経験、相談援助業務の実務経験、ヘルパーなどの実務経験などが必要ですが、介護業界で実務をこなしていればステップアップしていける資格です。

>>介護支援専門員(ケアマネジャー)

適性診断で資格を見つけるなら・・・

稼ぎたい女性でどんな資格を取れば良いのか迷っているなら、あなたの適性を診断してピッタリ合う資格を見つけてくれるよ!!

稼ぐための資格取得の適性診断
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]
稼ぐための資格取得の適性診断