調剤薬局事務の資格得取講座はどれがいいのか

全国どこでも働ける女性のための資格の一つが調剤事務です。病院、医院、クリニックなどに併設されている調剤薬局での調剤報酬明細書(レセプト)作成、受付、会計などのデスクワーク主体とした仕事に従事する際に役立つ、1~2ヶ月で簡単に取れる資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべきおすすめ資格【一覧】 > 調剤薬局事務の資格得取講座はどれがいいのか

調剤事務の仕事とは

調剤薬局事務の資格得取講座はどれがいいのか

調剤事務の勤務先は、主に病院、医院、クリニックなど、医療機関に併設されている調剤薬局になります。

病院で診察してもらい処方箋を持って薬を受け取りに行く、あの薬局が職場になります。

調剤事務の仕事内容は、調剤報酬明細書(レセプト)作成、受付や会計業務、薬剤師の調剤補助、薬歴管理や薬品の在庫管理などです。

調剤事務の特徴

調剤事務の仕事の特徴をまとめると次のようになるでしょう。

女性が働きやすい職場の一つなので、資格を取っておけばいつでも就活して働くことができるでしょう。

  • 全国どこでも働ける
  • シフト自由の職場が多い
  • 主婦をはじめとして女性の多い職場
  • デスクワーク主体の仕事
  • ブランクあっても大丈夫

調剤事務の資格は絶対に必要か?

調剤事務の職場は、シフト自由で融通の利く勤務先が多いため、比較的女性が多く、シングルマザーや主婦でも働きやすいと言われています。

特に調剤事務員として働くにあたって、調剤事務の資格がないと働けないということはありませんが、レセプト作成、専門用語など、調剤事務の資格取得で勉強することは即戦力になるため、就職、転職時に資格を保有していることは有利になります。

代表的な調剤薬局事務関連の資格比較

調剤薬局事務関連の民間資格の代表的なものは4つあります。試験が開催される頻度、会場等を考慮し、数ヶ月の通信講座受講で取得できる資格は、資格取得試験が毎月開催され、自宅にいながら受験できる在宅受験の方式を採用している資格がおすすめです。

また、いずれの資格についても学歴、実務経験などの受験制約はないので、誰でも安心して挑戦できます。

資格名 認定機関 試験
医療保険調剤報酬事務士 医療保険学院 毎月 在宅
調剤事務管理士 技能認定振興協会 毎月 在宅
調剤事務実務士 医療福祉情報実務能力協会 奇数月 在宅
調剤報酬請求事務専門士 専門士検定協会 年2回(7,12月) 8都市

調剤薬局事務資格の試験と対策

調剤薬局事務の試験は、誰でも受験可能な受験制約のない試験で、在宅受験でOKです。調剤薬局事務の資格は民間資格であるため、名称も医療保険調剤報酬事務士、調剤事務管理士、調剤報酬請求事務技能認定などいろいろですが、中身的には調剤薬局事務に必要な知識と技能を有することを示すものなので、資格名にこだわる必要はありません。そこで、特にこだわりなどがなければ、短期間に取りやすい資格を選べば良いでしょう。

通信講座なら自宅で隙間時間を活用した学習ができるし、試験も在宅で受けられるので、育児、家事しながら、仕事しながらでも取得できちゃいます!!

調剤薬局事務では、保険制度や専門用語、パソコン操作によるレセプトの作成など専門的な知識・スキルが要求されます。そこで資格取得の試験では、独学で挑戦するより通信講座のシラバス(授業計画)に従って学習した方が確実に実力が身に付きます。また、集中的に学習すれば最短1ヶ月くらいでも効率的に合格できる力を付けることができるので、独学よりは通信講座の受講が絶対におすすめです。

調剤事務の資格取得講座の比較表

おすすめの2つの通信講座のポイントを一覧表にまとめてみました。調剤薬局事務のおすすめ通信講座は、3ヶ月から4ヶ月と比較的短期間で学習できるため、どの講座を選んでも大差はありません。費用や講座の特徴、スクール知名度などから通信講座を選べば良いでしょう。

おすすめの講座は、学習期間や費用面での違いはさほどない中で、調剤薬局事務の職場で実際に使うコンピュータを模擬したソフトが使えるという『たのまな』通信講座が、実用的という意味でおすすめです。

学校 ヒューマンアカデミー / たのまな 生涯学習のユーキャン
講座名 【最短約2ヶ月で修了】調剤事務講座 自宅で手軽に人気資格!ユーキャンの調剤薬局事務講座
費用 33,600円 39,000円
学習 約2ヶ月 約3ヶ月
教材等 ●合格・就職サポートナビDVD
●講座テキスト(基礎編)
●講座テキスト(実習編)
●薬価基準抜粋
●明細書(レセプト)セット
●添削課題(3回分)
●質問票
●調剤報酬事務ソフト
●調剤薬局事務テキスト
●薬価基準と点数早見表
●接遇マナーハンドブック
●添削課題関係書類
取得資格 医療保険調剤報酬事務士 調剤事務管理士
資格試験 【在宅受験】医療保険学院で毎月実施されている試験を受験
●合格ラインは、講座の中間テストが理解できれば合格可能な試験
【在宅受験】日本医療事務協会が毎月行う試験を受験
●試験はマークシート方式で、学科3問、実技1問
●合格ラインは60%以上の正解率
特徴 働くことを見据えて安心して資格取得の勉強ができる講座
●1日30分程度の学習でOK、暗記する必要はなく理解することが大切なカリキュラム
アドバイザーが就職・転職をサポート(就職相談、求人紹介、職場見学)
分りやすい2冊の教材で段階的に学べるので初学者でも安心
●受講生専用サイト「学びオンライン プラス」で気軽にWebテストや復習できる
●電話応対などの基本マナーも学べる
就職活動のノウハウが詰まった「就職ガイド」あり
資料請求 たのまな資料【無料】 ユーキャン資料【無料】

調剤事務の資格取得通信講座のまとめ

調剤事務の資格を取るには通学講座を受講して、在宅試験を受ければ資格を取得できます。
調剤事務資格は、比較的難易度の低い資格で、受験資格も特になく、在宅試験ができます。

比較した2つの通信講座は、費用や学習期間に多少の違いはありますが、どちらの講座も調剤事務の資格を取る上では大きな違いはありません!!

講座内容の詳細な比較は、それぞれの講座資料を取得して比べてみると良いでしょう。講座資料請求は無料です。

在宅試験の日程

調剤薬局事務の試験は、各通信講座で月に1回程度のペースで適宜実施されていて、在宅受験がOKなので無理なく受験できます。

在宅受験って初めてだったけど、パソコンを使って受けるって、リラックスして試験を受けている感じはあまりなく、緊張しなくて良かったです。試験を受ける日程調整もしやすいので、忙しい人には便利だと思います。

試験の難易度と合格率

民間資格である調剤薬局事務の試験の難易度は普通で、合格率は60%程度となっています。通信講座では、3ヶ月~4ヶ月の学習期間を計画して、合格に必要な学力が付くシラバスが組まれています。自分の学習ペース、試験までの準備期間などを考慮して、最適な通信講座を選んでください。

ヒューマンアカデミー通信講座たのまな

ヒューマンアカデミー通信講座たのまなの調剤薬局事務講座少しでも安く、短期間に調剤事務の資格を取得したいなら、ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』の調剤薬局事務講座を受講すれば良いでしょう。

>>たのまなの調剤薬局事務講座

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャンの調剤薬局事務講座分りやすい2冊のテキストとスマホを活用した学びオンライン・プラスを使ったテスト・復習により、効率的に学習していきたい人には、ユーキャンの調剤薬局事務講座が良いでしょう。

>>ユーキャンの調剤薬局事務講座

適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ユーキャンのぴったり講座診断
ユーキャンのぴったり講座診断