国家資格FP技能士の検定試験に合格できる通信講座

国家資格のファイナンシャルプランナーは、資産運用を助ける専門家の資格で、顧客の収入・支出などをベースに、ライフプラン実現に向けた総合的な資産運用設計を行います。大いに人の役に立つ仕事で、女性の取得者も多く手に職が付く国家資格としておすすめです。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべきおすすめ資格【一覧】 > 国家資格FP技能士の検定試験に合格できる通信講座

ファイナンシャルプランナーとは

女性が今こそ取るべき国家資格FP技能士の検定試験に合格できる通信講座

ファイナンシャルプランナー(略してFP)は、資産運用を助けるための専門家としての国家資格です。

ファイナンシャルプランナーは、対象となる人の家族構成、収入と支出、負債や保険などのデータを収集・分析し、ライフプランに合った総合的な資産の設計をします。

もちろん、習得した知識や技能は、自分自身のライフプランの設計にも大いに活用できるので、就活・転職だけでなく自分自身の将来生活にも役立つ国家資格とも言えるでしょう。

FP資格どれを取るべきか|FP技能士 or AFP or CFP

ファイナンシャルプランナーの資格について調べてみると、国家資格としてのFP技能士のほかに、民間資格として日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定する入門資格のAFPと世界が認めるプロフェッショナルFP資格のCFPがあります。CFP資格は世界24か国・地域で導入されているもので、一国一組織で認定が行われていて、日本では日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定しています。

どちらの資格取得を目指せが良いのか迷う人も多いようですが、2002年4月に試験制度が改正されてからは、2級FP技能士とAFPで学科試験が同じ問題になって、2級FP技能検定はAFP資格審査試験を兼ねているため、2級のFP技能士とAFPとが同等の資格になっているため、日本での取るなら国家資格のFP技能士の資格取得を目指せば良いでしょう。

つまり、どうせ資格取得するなら国家資格であるFP技能士の取得を目指せば良いでしょう。

また、業務としてファイナンシャルプランニングに携わる仕事をするなら、日本ファイナンシャルプランナーズ協会の研修を受講し、登録手続きを行いAFPの資格も取っておけば良いでしょう。

なぜなら、AFPに登録しておくと金融、経済、関連法律改正などの最新情報を月報誌で知ることができ、実業務にはとても役に立つからです。

ただし、AFP登録には、入会金10,000円、年会費12,000円が必要です。

FP国家試験について

FP技能士の資格を取得するには、国家試験のファイナンシャルプランナー技能検定試験を受験する必要があります。

FP国家試験で問われるもの

ファイナンシャルプランナーの国家試験では、対象者の収入・支出、資産・負債、保障などの情報・データを収集し、現状を分析し、ライフプラン上の目標を達成するためのアドバイスや資産設計を行うための知識・能力が問われます。

試験では学科と実技の2つがあり・・・
学科試験ではライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の科目があり、
実技試験では資産設計提案業務、資産相談業務、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務、保険顧客資産相談業務の業務から選択して受験します。

FP技能士の国家試験スケジュール

国家資格であるファイナンシャルプランナー技能士の国家試験は、学科試験と実技試験に分かれています。

FP3級及びFP2級の試験日は、同じ日に開催され、午前に学科試験、午後に実技試験が行われますが、FP1級は個別に行われます。

年に2回の試験が行われますので、計画を立てて勉強すれば遅くとも1年以内に資格取得できるでしょう。

2020年度(令和2年度)の試験予定は次のとおりです。

  • FP技能士3級・FP技能士2級(学科・実技)
    【中止】2020年5月24日(日)、2020年9月13日(日)、2021年1月24日(日)
  • FP技能士1級(実技)
    2020年9月13日(日)

FP技能士の国家試験については、コロナウィルスの影響で中止になったり、9月に開催予定の1級の試験も中止の可能性があるようです。試験状況については、最新情報を日本FP協会のHPにて確認するのが良いでしょう。

FP技能検定試験の難易度

直近のFP技能検定試験の合格率を調べてみました。

3級FP技能検定試験の合格率については、学科試験が約85%、実技試験が約79%となっており、比較的簡単な部類の試験と言えるでしょう。
また、2級FP技能検定試験の合格率については、学科試験が約42%、実技試験が約63%となっており、3級に比べるとやや難易度の高い試験と言うことができます。

3級FP技能士を目指すなら参考書や問題集を購入して、独学で受験しても合格を目指せるかもしれませんが、2級FP技能士を目指すなら、通信講座でしっかりと受験対策を行い試験に臨むのが賢明です。

初めてならまずはFP技能士3級から取得しよう

ファイナンシャルプランナー初めてなら受験資格の必要ないFP技能士3級から挑戦するのが良いでしょう。

FP3級なら約2ヶ月で試験対策が取れる通信講座があるので、初心者でも次の国家試験まで十分に間に合う試験対策を取ることができるでしょう。

日建学院の3級FP技能検定受検対策

日建学院/通信<br>3級FP技能検定受検対策 Webコース初めてファイナンシャルプランナー3級に挑戦する人のための、インターネットで手軽に学べる通信講座です。3級FP技能検定は入門レベルの易しい試験と言われていますが、確実な合格を目指すなら2ヶ月間の試験対策講座を受講するのが良いでしょう。

費用 32,400円
期間 2ヶ月
テキスト等 FP技能士3級合格テキスト、FP技能士3級過去問題集、過去問演習、解説(学科・実技 各1部)
講座内容 初めてファイナンシャルプランナーに挑戦する人に、インターネットで学べる3級FP技能検定の試験対策講座です。
試験のポイントを押さえたWeb授業で、いつでもどこでもマイペースで学習でき、理解できるまで繰り返し学べます。

>>日建学院 FP3級通信講座

資格の学校 TAC(タック)のFP3級本科生

資格の学校TAC(タック)/通信<br>FP3級本科生[Web通信講座]TACの通信講座は、試験対策に的を絞り、効率良くファイナンシャルプランナーの知識を身につけることができるカリキュラムになっています。教室講座を収録した講義をデジタル配信しているので、自宅のパソコンでマイペースに学習できます。分らないところは、24時間いつでも、何度でも繰り返し講義を見ることができるので安心です。

費用 25,000円
(入学金1万円)
期間 2ヶ月
テキスト等 テキスト、問題集、過去問題集、質問票他
講座内容 初めてFP3級に挑戦する人向けの初心者コースで、テキストとWeb授業を併用した講座なので、隙間時間を使って効率的に学習ができます。
FP技能検定の基礎固めとして最適な通信講座です。

>>資格の学校TAC FP3級通信講座

2級FP技能士を目指すならAFP取得も同時に目指そう

また、既に3級を持っているなら、通信講座の中には2級FP技能士とAFPを同時に目指せる講座もあります。しっかりと受験対策を行い、同時に両方の資格を取得するのが効率的でしょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

生涯学習のユーキャンファイナンシャルプランナー(FP)講座初学者でも安心して取り組める丁寧なテキストで定評のあるユーキャンの2級FP技能検定試験対策用の通信講座です。学習期間は6ヶ月とやや長めですが、2級FP技能士とAFPの2つの資格を同時に目指せるイチ押しの通信講座です。

費用 64,000円
期間 6ヶ月
テキスト等 メインテキスト 6冊、提案書の作り方(冊子&DVD)、実技試験攻略BOOK、ガイドブック、添削・質問関連書類一式、2級FP技能検定試験問題・解答解説、FP総論テキスト
講座内容 ●ユーキャン講座の受講生の95%がファイナンシャルプランナーの学習が初めてという人ということもあり、初学者でも安心して学習に取り組めるよう、テキストは一から丁寧に解説してくれているので、不安なく取り組めます。
●ユーキャンの講座は日本FP協会認定の講座なので、8回の添削指導及び提案書課題修了後、2級FP技能検定試験を受験して合格すれば2級FP技能士の資格及びAFPの資格(登録すれば)を取得できます。
教育訓練給付制度の対象講座なので、これを利用すれば学費の20%がハローワークから支給されます。

>>ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ユーキャンのぴったり講座診断
ユーキャンのぴったり講座診断