女性が今こそ取るべき資格|保育士

保育士は、子供の成長を見守るやりがいあふれる国家資格です。待機児童の問題もあり、保育士不足が叫ばれる昨今、試験回数も増え、最短ルート6ヶ月で保育士の取得を取ることができます。試験に出る部分を重点的に学習し、短期集中で保育士資格を取得しましょう。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格【一覧】 > 女性が今こそ取るべき資格|保育士

仕事しながらでも取れる保育士

女性が今こそ取るべき資格|保育士

一般的に保育士の国家資格は、厚労省指定の養成学校(大学、短大、専門学校)を卒業して取得しますが、保育士試験を受験しても保育士資格を取得することができます。

最短ルートなら通信講座などで勉強して6ヶ月後の保育士試験に合格すれば、めでたく保育士資格取得となります。

保育士の養成学校に通っていない社会人でも保育士になることはできますが、持っている最終学歴によって資格取得の方法は若干異なるため、事前確認は必要です。

一般大学卒なら2年以上在籍かつ62単位以上取得が、受験資格の目安です。

    【保育士試験の受験資格】

  1. 大学に2年以上在学して62単位以上修得した方(見込含む)
  2. 短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程(学校教育法で認可されている、修業年限2年以上もの。認可の有無については各学校にお問合せください)の卒業者(見込含む)
  3. 平成3年3月31日までの高校卒業者
  4. 平成8年3月31日までの高校保育科卒業者
  5. 上記(3)(4)以外の方で高校卒業後、児童福祉施設等で2年以上の勤務で、かつ総勤務時間数で2,880時間以上、児童の保護に従事した経験のある方
  6. 児童福祉施設等で5年以上の勤務で、かつ総勤務時間数で7,200時間以上、児童の保護に従事した経験のある方

詳細は、全国保育士養成協議会保育士試験事務センターに確認しましょう。

保育士国家試験スケジュール

保育士の国家試験は年に2回実施されるようになりました。

前期と後期があり、前期の国家試験は、筆記試験(4月下旬)、実技試験(7月上旬)、後期の国家試験は、筆記試験(10月下旬)、実技試験(12月上旬)に予定されています。

後期の試験は地域限定で試験を行う地域もあるため、受験地域と試験実施については確認しておくと良いでしょう。

仕事しながら保育士の資格を取るには

仕事をしながら保育士の資格を取るためには、国家試験によく出るヵ所を重点的に学習できる通信教育がおすすめです。

保育士資格取得のための通信講座は、約4ヶ月~6ヶ月の学習期間で受験対策ができるようになっているので、あなたのスケジュールに合わせた通信講座を選ぶためには、資料の一括請求【無料】がおすすめです。

たのまなの保育士【完全合格】講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座です。

未経験からでも取得できる保育士資格取得講座の詳細を見てみましょう。

保育士の資格を確実に取るコツ

保育士の資格取得には、多くの科目の試験対策をしなければならいので、実績のある通信講座等の受講が効率的です。
特に仕事しながらの取得や、忙しい時間の合間を見つけて勉強しなければならない人には、勉強のスケジュールまでカリキュラムに組み込まれている通信講座の利用は欠かせないでしょう。

合格した科目の有効期間は3年間なので、計画的に試験勉強を行い合格科目を増やしていきましょう!!

保育士講座の詳細は、無料の一括資料請求すると便利です!!

女性が今こそ取るべき資格|保育士
矢印
女性が今こそ取るべき資格|保育士
【保育士】

適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]