女性が今こそ取るべき資格|宅地建物取引士

不動産業界で働く時に、一生役に立つ手に職が付く資格と言われるのが、宅地建物取引士(宅建士)の資格です。就職や転職に役立つ国家資格の一つで、不動産業者では5人中1人に宅建士の資格なことから、資格手当が付くなど収入面でも優遇されるおすすめの資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格【一覧】 > 女性が今こそ取るべき資格|宅地建物取引士

宅地建物取引士とは

女性が今こそ取るべき資格|宅地建物取引士

宅地建物取引士(以下「宅建士」)は、設置義務資格という種類の国家資格で、宅建業を営む際には宅建資格者の設置(5人に1人)が法律で義務づけられています。

年間20万人以上が受験する人気の国家資格で、法律系国家資格の入門的な位置づけにある資格でもあり、受験資格に制約がないため誰でも挑戦できるのが魅力です。

宅建士は、不動産に限らず、金融、小売り、外食、交通、インフラなど活躍の舞台が幅広く、女性でも取得、活用がしやすい人気の資格です。

宅建士の国家試験・・・

宅建士の国家試験は年に1度、10月中旬に全国で一斉に行われます。

合格率は15%~17%と少し難関の国家試験に見えますが、出題形式は四肢択一の問題になっているので、覚えることはありますが、丸暗記の必要はないため、通信講座で過去問などを中心に、計画な学習をすれば合格できる国家資格です。

合格のポイントは、試験の出題傾向や出題頻度の高い過去問をたくさん解いていくことです。

そのためにも、合格実績の高い通信講座を活用することをおすすめします。

宅建士の資格取得通信講座

宅建士の国家試験は10月に行われるため、3ヶ月~4ヶ月の準備期間を考えると5月~7月くらいから試験準備をする必要があります。

基本的には法律、法令などに基づく問題になるので、分かりやすいテキストで内容を理解し、過去問を解く・・・これを繰り返すことで合格ラインは見えてきます。

50問出題されますが、32問から35問くらいの正解が合格ラインです。

ただし、宅建士の合否の基準は、育成人数などの関係からか年度ごとに異なるので、あくまでも目安と考える方が良いでしょう。

今こそ宅建士を目指そうと考えている女性なら、おすすめ通信講座の詳細資料【無料】を取り寄せて、試験までのスケジュールを立ててみて下さい。

おすすめの宅建士通信講座

分かりやすく丁寧なテキストや問題集、添削からなる教材で、初心者でも合格ラインを目指せる学力が付く人気の講座です。

費用も19,440円(税込)と一番安く、おすすめなのが『たのまな』の通信講座です。

>>宅地建物取引士講座【たのまな】

最短3ヶ月の日建学院通信講座

最短3ヶ月の学習期間と最短ルートで受験準備が整う講座で、宅建士の国家試験合格への近道を駆け抜けることができます。

オリジナルの教材セットは、テキスト、問題集、DVD、添削問題など充実しているのが特徴で、費用は『たのまな』より少し高く、41,040円(税込)です。

>>宅建通信合格コース【日建学院】


適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]