一生使える行政書士の資格を取るには

女性でも一生使える資格として行政書士を取る人は少なくありません。官公署に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の書類を企業や個人から依頼を受けて、作成・提出手続の代理や相談などを行う行政書士は、ある意味女性に向いている資格とも言えるでしょう。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が稼ぎたいときに取るべき資格 > 一生使える行政書士の資格を取るには

行政書士が一生使える理由

一生使える行政書士の資格を取るには

行政書士は、官公署に提出する許認可申請書類等や契約書、遺言書等の書類作成、提出手続の代理や相談などを行うための資格です。

ペーパーレス社会と言いながら、行政への提出書類は増えているため、企業や個人の依頼を受けて行う行政書士の業務も多く、独立開業も目指せるため一生使える資格ということができるでしょう。

行政書士がおすすめの理由

国家資格の中でも行政書士を勧める理由は、資格取得の試験に制約がないことという点があげられます。

つまり、受験資格として学歴、年齢、経験などの制約がないため、誰でも挑戦できる国家資格なのです。

近年は女性の合格者が25%を占めており、女性ならではの細やかな視点を生かした仕事に向いているようです。

公務員として17~20年以上の行政事務の仕事に従事した公務員であれば、無試験で行政書士になることができるので、該当する公務員の人は自分のキャリアを活用する点からもおすすめです。

行政書士になるためのスケジュール

行政書士の試験は毎年11月に行われているため、このゴールに向けて準備を進めることが肝要です。

通信講座なら最短で4ヶ月、一般的な講座なら6ヶ月~10ヶ月ほどの期間の勉強で挑戦できる資格ですので、新年明けから新学期が始まるころまでに通信講座を開始すれば良いでしょう。

資格試験名 行政書士試験
試験区分 国家資格
主催 財団法人
行政書士試験研究センター
受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく誰でも受験できる。
合格率 7~10%前後
出題内容等 問題は一部に40文字程度の記述式の問題もありますが、主に択一式で、行政書士の業務に関し必要な法令、行政書士の業務に関連する一般知識などから出題されます。
・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14台)

行政書士になるためのおすすめの通信講座は、アニメを駆使したわかりやすいWeb通信講座やDVD・CDを活用した講座など様々で、期間も標準的な学習期間が約6ヶ月のものからじっくり準備できる18ヶ月の講座までいろいろあります。

行政書士の資格を取りたい目標時期や学習に充てられる時間、学習スタイルなどを考慮して、あなたに合った講座を選ぶためにも資料の一括請求が便利です。

行政書士のための通信講座
資料一括請求【無料】はコチラ

矢印
行政書士の資格取得通信講座
行政書士の通信講座

適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]