女性が今こそ取るべき資格|介護事務

介護業界の需要は右肩上がりで、新しく建てられるビルを見るとその多くがデイケアサービスをはじめとした介護関連の施設であるというこの頃です。介護業務に欠かせない介護報酬請求業務(レセプト作成)などの事務を行うための『介護事務』は狙い目の資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格【一覧】 > 女性が今こそ取るべき資格|介護事務

今取りたい介護事務の資格とは

女性が今こそ取るべき資格|介護事務

医療事務、調剤薬局事務に並ぶ女性に人気の事務資格ベスト3の一つが介護事務です。

介護事務は、介護事務所には欠かせない介護報酬請求業務(レセプト作成)、書類整理など事務全般を行います。

介護保険制度により介護サービスの費用は、利用者1割、国が残り9割を負担することになっているため、この9割を介護保険制度に基づいて国に請求するのが介護事務の主なお仕事です。

利用者さんへの対応は介護事務所にいるケアマネさんのお仕事になるので、介護事務担当者は事務業務に専念できるのが一般的です。

医療・調剤薬局事務と異なる点は、事務所にもよりますが接客対応が少ないことなので、人と接するのが苦手なら介護事務を選択すると良いでしょう。

介護事務の資格を取るメリット

介護業界は実は奥の深いところで、介護に関連する資格には介護事務の他に、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)などの資格があります。

  • ステップアップできる業界
  • 介護事務で介護業界に慣れてくれば、新たな資格を取得してステップアップしていける将来へつながる資格というメリットがあります。

  • 勤務先・職場が豊富
  • 介護業界の需要は右肩上がりなので、資格を取得した後の勤務先・職場選びでも悩む必要はありません。

  • 職場は全国どこにでもある
  • 日本全国どこにでも介護関連の勤務先はあるので、旦那の転勤にも柔軟に対応できる資格・仕事です。

介護事務の資格を取るには・・・

介護事務の資格を取るには通信講座を受講するのが手軽です。

約3ヶ月から4ヶ月、自分のペースで勉強して、在宅受験が可能な試験なので、思ったより早く取得する人もいるようです。

介護事務の資格取得講座の資料請求

介護事務の資格を取るための通信講座や通学講座はたくさんあります。

通学講座の場合、通信講座より短期間で資格取得できるメリットがあるので、通学して学べる時間がある女性にはおすすめです。

今仕事をしている女性、専業主婦で通学はできないという主婦には、空き時間を活用して学習できる通信講座が良いでしょう。

介護事務講座の資料一括請求なら

いろいろな講座があるので、あなたにピッタリの資格取得講座を選ぶために、気になる講座の資料を一括して取り寄せて比較検討してください。

介護事務講座の資料請求【無料】
矢印
介護事務講座の資料請求【無料】
介護事務(ケアクラーク)

適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]