国家資格|金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士は、金融機関における窓口業務等の技能判定の目安とされている国家資格です。金融業界へ就活や転職を考えている人にはファイナンシャルプランニング技能士と並んで登竜門的資格とされています。書籍での学習で十分に狙える国家資格です。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格【一覧】 > 国家資格|金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士とは

国家資格|金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士とは、金融機関における窓口業務等の技能判定の目安とされている国家資格で、金融窓口サービス技能士1級、2級、3級の3段階があります。

金融窓口サービス技能士の資格を取得するには、金融商品や年金、税金、為替などの知識を体系的に習得する必要があるため、金融業界に従事しようとしている人には、是非とも取得しておきたい資格と言えます。

金融窓口サービス技能士3級の資格取得

金融窓口サービス技能士3級は、金融機関の関連業務に従事している者、またはこれから従事しようとする者が受験できる、最初に取るべき資格です。

金融窓口サービス技能士国家試験

金融窓口サービス技能士の国家試験には学科試験と実技試験があり、それぞれ100点満点中70点以上を取ることで合格となり、学科と実技の両方に合格して、初めて金融窓口サービス技能士3級の資格が付与されます。

金融窓口サービス技能士3級には、テラー業務と金融商品コンサルティング業務の2つの科目があり、目指す業務に応じてどちらかを選択して受験することになります。

学科試験は共通ですが、実技試験はテラー業務と金融商品コンサルティング業務、それぞれ別に行われます。

金融窓口サービス技能士3級の国家試験は、マークシート方式による筆記試験で、語群選択式(三肢)20問、三答択一式20問の合計40問になっています。

金融窓口サービス技能士3級の国家試験は、1月と5月の年2回受験するチャンスがあります。

約4か月前から受験申請書を請求できるので、同時に受験のための勉強をスタートすれば良いでしょう。

試験対策は書籍で十分

国家試験はマークシート方式なので、顧客対応やコンプライアンス、関連法令や規制、金融経済知識、投資理論、金融商品知識、相談業務などについて体系的に学習する必要があります。

試験に合格するためには、3級金融窓口サービス技能検定のために必要な事項を体系的に分かりやすく整理し、過去問などを解くことで効率的に学習できる参考書を用いて勉強すれば良いでしょう。

金融窓口サービス技能士のための通信講座などは少なく、関連書籍で勉強するのが近道です。

最新版の3級金融窓口サービス技能士(学科)精選問題解説集と3級金融窓口サービス技能士(実技)精選問題解説集の2冊を購入して勉強すれば大丈夫です。

>>3級金融窓口サービス技能検定書籍


適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]