女性におすすめ国家資格|社労士

女性が8月に国家試験が行われる社会保険労務士(社労士)になるには半年から1年間程度の準備が必要です。社労士国家試験に合格するために必要な幅広いジャンルの知識・学力を身に付けるには、専門講座の受講が確かです。

女性が今こそ取るべき資格 >> 女性が今こそ取るべき資格【一覧】 > 女性におすすめ国家資格|社労士

社労士国家試験は難関なのか

女性が今こそ取るべき資格|社労士

毎年8月の真夏に行われる社会保険労務士の国家試験は、難易度の高い国家試験の一つです。

難易度の高さは、学ぶべきジャンルが広範多岐に渡るためで、数ヶ月の集中学習では乗り越えられる量ではありません。

一般的に800時間から1,000時間の学習時間が必要と言われていて、ここから算出すると1日2時間半の勉強を1年間365日続けなければ合格ラインに到達しないことになります。

また、社労士国家試験の合格率は7%前後とかなり低いことも、社労士国家試験が難関と言われる所以です。

女性におすすめの社労士

女性が取るべき国家資格として社労士がおすすめの理由の一つに、社労士として働く人の女性比率が高いことにあります。

司法書士、行政書士などと比べると女性の多い職場で、その男女比は女性が約35%です。

一度取得した国家資格の社労士資格があれば、年齢を気にせずに働けるし、出産や子育てで一度職場を離れても、仕事に復帰しやすく、フリーランスとして働くこともでき、平均年収も約700万円と高額です。

つまり、長い目で見ると、女性がどうせ国家資格を取ろうとするなら、社労士はかなり魅力的な国家資格の一つだと思います。

社労士国家試験の受験制限とは

社労士資格を取るには国家試験に合格する必要がありますが、その社労士国家試験には受験制限があります。

学歴としては大卒、短大卒、高等専門学校卒の資格が必要ですが、所定の専門学校卒なら受験資格を得られます。

また、学歴が無くても実務経験があれば国家試験を受けることはできます。

>>社労士国家試験の受験資格【詳細】

社労士国家資格の取り方とは・・・

広範多岐に及ぶ科目の学習成果を合格ラインまで引き上げるには、通信講座や通学講座の利用が不可欠です。

働きながら社労士の資格を取ろうとするなら、マイペースで学習できる通信講座がおすすめです。

来夏の社労士国家試験に向けた対策をするなら、合格実績のある通信講座、通学講座の細部資料を取得して、自分に合う講座を受講しましょう。

講座資料の一括請求【無料】はコチラです!!

>>社労士通信講座の資料請求【無料】

>>社労士通学講座の資料請求【無料】


適性資格の診断テスト

簡単な質問に答えて、あなたにピッタリの資格を診断します。

あなたが今こそ取るべき資格
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]